« むりくり | トップページ | 節分 »

2007/02/02

節分,豆まき

北海道では節分にに殻付きの落花生をまくのが主流です。殻付きなのできれいな床や雪の上にまかれたものであれば拾って食べてしまえます。

落花生は年齢の数だけ食べるわけですが,鞘(殻)の数で数えるのか鞘の中の豆の数で数えるのかが問題になります。道外で一般にまかれる大豆の場合は鞘の数ではなく豆一粒一粒の数で数えます。そもそも鞘ごとまくわけではないので豆自体の数で数えるしかないわけですが。これにならえば落花生の鞘の中の豆の数で数えるのが妥当かなと思えます。

しかし,一々中の豆を数えるのは面倒です。そして,どうせなら豆をたくさん食べたいです。というわけで,年齢の数の鞘の個数の落花生を食べるというのが主流のようです。

落花生の豆には赤褐色の渋皮が付いてますが,これにはレスベラトールというポリフェノールが含まれています。この渋皮は取らずに食べたほうが健康に良いとか。

|

« むりくり | トップページ | 節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200243/13757400

この記事へのトラックバック一覧です: 節分,豆まき:

« むりくり | トップページ | 節分 »